しょっちゅう憎いと思っている彼の要望をみた

たえず亭主の事を何にも出来ない役立たずの亭主と思って憎らしく思っていました。外見を合わせれば触れ込みしか出てこないくらいの仲です。
でもこんな身に亭主は絶えず優しくして貰えるが、それを分かっていながら亭主にはふと触れ込みやお説教ばかり言っています。
そういった生計がもう一度3世代くらい伝わるのですが、もっと満載かと思って離別も考えていました。
そんな時に亭主の想いをみました。結婚してから亭主の想いなんて見た事がないのに不思議です。
その夢の箇条というのが、亭主が急に亡くなって仕舞う想いでした。何故亡くなるのか理由はなかったのですが
急に火葬ところのフェイズから始まって亭主が火葬浴びるゾーンでした。そこで身は「あなたがいないと身何も出来ない」
「あなたがいないと身生きていけない」と泣き叫んでいました。不思議な点にそのフェイズには身しかしませんでした。
そしてそこで「益々優しくしてあげれば良かった、ごめんね」と悔悛したゾーンで目が覚めました。
こんな夢を見るなんて常に私のために一所懸命尽くしてくれている亭主に対しての立場を改めるみたいお告げだったのだと思います。
もうすぐ内を入れ替えて亭主を大切にしようと思います。キュッとcutto