日本語は奥が深いよ。その分うれしいけれど箇所は長いよ

日本語は奥が深い。
随分にむつかしい。
とくに、どこで平がなにして、どこで漢字を使うかは、
読みやすい日本語を書く上で非常にきっかけです。
ひじょうにきっかけです。
『数学論文儀礼』という誌で、副詞はひ場合がなにすると習った。
とくに、とか、あまり、とか、そういった文句です。
形容詞は漢字でも良いが、副詞はひ場合がなにやる。
こういう制約を続けるだけで、ずいぶんと日本語が綺麗になった気がする。
ずいぶんと、などもひらがなです。
でも、きれいな日本語が記せるようになるには、名詞などの品詞を意識することが
全く重要だと感じた。
それは名詞か?形容詞か?副詞か?人称エースか?
などの品詞を意識して、じぶん制約をつくる結果、綺麗な日本語に上る。
よくない論文のパターンとして、福井は、など、日本は、などの人称エースを使って仕舞うことだ。
正確には、福井県内パーソンは、邦人は、などの人称エースを扱うことが重要です。
こういったことは、何だか教えてもらえない。
じぶんで学んで出向くしかない。
独力という単語も、ひ場合がなに開いたほうが綺麗に見える場合もある。お金を借りる 即日融資