不登校になっても保護者が動じないことが大切

不登校で悩むご家庭によく見られるケースとして、子供が「一人になりたい」「ほっといて」と言うことがあります。保護者としては「他人と関われない子供なんだろうか」「この子はこのままで大丈夫なのか」と不安に思うことでしょう。このような場合、子供は本当に1人でいるのが好きなことは少なく、むしろ保護者に今の自分の姿を見せるのが嫌で言っているケースがほとんどです。本当に他人との関係に気を遣わないのであれば、そもそも不登校になるはずがないのです。不登校の子供の多くはこのような自己嫌悪に陥っているのです。ではこのような時に保護者はどのように対応すればよいのでしょうか。答えは「動じないこと」です。保護者が「不登校になった」とバタバタすれば、子供は保護者に迷惑を掛けていることを感じ取り、より自己嫌悪に陥っていきます。これでは不登校を悪化させてしまいます。ですから「ちょっと学校に行かなくても大丈夫」「自分の子供は自分で育てる」くらいの気持ちを持って、子供とのコミュニケーションを絶やさないようにしてください。子供とコミュニケーションが取れていれば、子供の自己嫌悪は徐々に改善されていきます。不登校になってしまっても保護者は動じないことを頭に入れておいてください。金借りる 即日 低金利